不動産売却

住み替えをしたい

就職や転職、結婚や出産などライフスタイルの変化により住まいの住み替えを検討することってありますよね。一言で「住み替え」といっても、環境や条件は人それぞれです。まして住み替えが初めての方は何から始めて良いのか分からないのではないでしょうか。

遠方への転職・転勤での住み替え

現在住んでいる住まいから遠方に転職が決まったり、ご主人の転勤先に家族全員でついていくことになったりするなどで現在の住まいを住み替えるケースがあります。家族全員で引っ越すのならば、住み替えが必要になります。

また転勤の場合、何年後かに現在の家に戻ってくる可能性も考えられます。その場合、現在住んでいる家をどうするか考えなければなりません。空き家にしておくのはもったないですよね。転勤している間、賃貸物件として貸し出すという方法もあります。

広い家に住み替えたい

結婚して子どもが増えると、広い家に住み替えたいですよね。子どもが小さいうちは走り回るし、大きくなれば一人部屋も欲しくなることでしょう。また両親の同居など家族が増えることがあれば、部屋数も必要になってきます。間取りの広い家に住み替えを考えるのではないでしょうか。

通学の便利なところに住み替えたい

小さいお子様がいるご家族の場合、お子様が小学校に入学する前に住み替えるケースが少なくありません。一人部屋の問題の他に、お子様が小学校に登校しやすい場所を住み替えを考えます。さらに通学だけではなく、通勤やお買い物にも便利な場所を検討したいものです。

子どもが巣立った

子どもを育児中は広い家が必要だったけど、子どもも大きくなり巣立ったから広い家が必要なくなったという場合があります。老後のことを考えて住み替えるケースです。夫婦二人、もしくは一人暮らしでは広い間取りや部屋数も多くは必要なくなります。老後、生活環境に合った場所にと住み替えを希望することが多くなります。また、賃貸を希望するケースも増えています。

今住んでいる家はどうする?

住み替えを考えるようになったら、今住んでいる家をどうするか考えなければなりません。売却するか、賃貸物件として貸し出すか。売却するとしても、実際に売却可能なのか不安になることでしょう。

また住み替えのタイミングも需要になってきます。仮に新居が決まる前に売却が先に決まった場合、住む場所が一時的になくなってしまうので仮住まいする場所が必要になってくる場合があります。

新居はどうする?

新居をじっくり探したい、引っ越しを1回で済ませたいなら、住んでいる家を処分する前に新居を先に決めることをおすすめします。ただし、現在住んでいる家に住宅ローンが残っている場合、多額の金銭的なデメリットが発生することがあります。

住み替えにお悩みなら無料相談へ!

住み替えを検討するようになると、一番といっていいほど悩むのが金銭的な問題ではないでしょうか。

  • 住宅ローンが残っている
  • 住み替え費用がどのくらいかかるか心配だ
  • 住んでいる住まいが売却できるのか
  • 希望に合った新居がみつかるのか

今はスマートフォンやインターネットがあるので、ある程度住み替えについて調べることができるのではないでしょうか。しかし、いくら調べることができるといっても納得のいく答えをみつけることは難しいでしょう。

住み替えをお考えなら、山王不動産に一度ご相談ください。