売却価格ってどうやって決まるの?

そもそも、不動産の売却価格はどうやって決まるのでしょうか?
不動産の売却価格を決めるために、第一に不動産の査定が重要になってきます。不動産の査定に必要になってくるのが、売却したい不動産の近隣地域での家や土地などの物件情報や相場情報になってきます。自分である程度調べることも大切になってきますが、手間や時間がかかり大変ですよね。

レインズで相場情報を確認

山王不動産では、国土交通省が指定している不動産流通機構ネットワークシステム「レインズ」に登録しています。レインズによって細かい不動産の取引情報を確認することができるので、不動産売却の際に必要になる査定を元に適正価格を算出しています。さらに適正価格についてもなぜその価格になるのか、詳しく丁寧に売り主が納得するまで説明しております。

地域密着で相場情報を把握

不動産売却を相談するとしたら、地域に密着していて高いノウハウがある不動産会社に相談したいですよね。もし経験が浅く地域に密着していない不動産会社だったとしたら、安心して相談できないのではないでしょうか。
山王不動産では、地域密着型で豊富な経験と高いノウハウで早期売却を実現させています。地域に密着しているので、地域に特化した適正価格も把握しております。だから不動産の早期売却へ向けて自信をもって対応いたしております。

売却価格は売り主が決定

不動産早期売却するために、適正価格は不動産会社が算出します。しかし最終的に不動産の売却価格を決定するのは、売り主になります。不動産会社が算出した適正価格を元に、売り主が売却価格を決定します。売却価格が高すぎると、不動産が売れない可能性が出てくることでしょう。反対に売却価格が低すぎると、売り主が損をすることも考えられるでしょう。

損をせず納得した売却価格で、スムーズに不動産売却を行いたいですよね。適正価格で不動産を売却するためにも、信頼できる不動産会社にお願いすることが重要となってくることでしょう。

無料相談なら経験豊富な山王不動産へ!

地域に密着した山王不動産なら、地元の不動産について豊富なネットワークを兼ね備えています。地元に密着した不動産会社なので、親近感がわき、どんな小さなことでも相談できるのではないでしょうか。適格な情報・豊富な経験とノウハウに自信があります。不動産売却についてぜひ一度ご相談ください。