鶴岡市不動産売却に掛かる費用

不動産売却に掛かる費用

不動産売却するお客様にかかる費用の説明です。

仲介手数料

仲介手数料とは売却を依頼した不動産会社へ支払う費用です。

仲介手数料は成功報酬ですから売買契約が成立しないと支払う必要はありません。

仲介手数料は速算法で計算すると、売買価格が200万円以下が価格の5% 200万円以上400万円以下が価格の4%+2万円、400万円以上が3%+6万円となりなす、仲介手数料には別途消費税がかかります。

印紙税

印紙税とは売買契約書に貼る印紙の事です。
印紙税額は、売買契約書の記載金額すなわち物件の売買価格によってきめられています。
定められた金額の印紙を貼って印鑑で消印する事で納税したとみなされます。

抵当権を抹消する登記費用

売却物件に住宅ローンが残っている場合の抵当権抹消登記などの費用です。 *
この費用には、登録免許税のほか司法書士に支払う報酬が必要です。
金額は、税金と合わせて5万円以内だと思います。
*住宅ローンが残っている場合に必ず全額返済してから売却となります。
 抵当権を抹消しなければいけないからです。
 金融機関に全額繰り上げ返済を希望する日程を申し出ると必要な費用を計算してくれ
 ます。

税金

不動産を売却した時に税金がかかります。
「譲渡益課税」といい売却価格から経費(不動産購入費、登記費用、仲介手数料など)を引いた額が利益となり、利益が出ていなければ税金は0円で申告も不要です。 
又、親から相続して売るときに掛かる税金は、子がその相続した家に住んでいたか、いなかったかで税金が変わってきます。

 

 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です